トップ >食の安全・安心へのこだわり >アグーブランド豚肉トレーサビリティシステムについて

アグーブランド豚肉トレーサビリティーについて

アグー豚の安全・安心を保証する情報を、消費者様へお届けします。

 アグーブランド豚肉トレーサビリティシステムとは、沖縄県アグーブランド豚推進協議会から認定された生産農家で、アグー豚の出生~出荷(死亡)までの情報をデータベースに登録し、その情報をいつでも、誰でも確認することができるようにしたシステムです。

データベースで集計している情報は様々で、出生時の子豚数、生年月日、離乳日、種付けした日付、父豚や母豚の情報、与えた餌、と畜した日付や場所など、多種多様に渡ります。

そういった情報を活用することで、万が一食品事故が起きた場合の流通経路や肥育履歴をすぐに調べだし、素早い対応とさらなる被害の防止を図ることができます。

また、消費者様が気軽にそれらの情報が確認できるようにすることで、本当に安全なアグー豚だということを知ってもらうことができ、食の安全・安心をお伝えすることが可能です。

アグーブランド豚肉トレーサビリティシステムの説明図

 消費者様がトレーサビリティの情報を確認したい場合は、購入した精肉パックに貼付しているQRコードを読み取ってweb上で確認することができます。

各豚にはそれぞれ識別用の番号が振ってあるため、その情報をQRコードから読取り、その情報をもとにトレーサビリティ検索システムから情報を取得します。

※これらの情報が確認できるのは、アグーブランド豚肉トレーサビリティシステムに参加している生産者のアグー豚のみです。

アグーブランド豚肉トレーサビリティーシステムリンク

ページトップへ