バナー

  • アグーブランド豚肉トレーサビリティーシステムリンク
  • アグーブランド豚肉フェイスブックリンク

営業日程

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
発送業務休業日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
発送業務休業日
 

トップ >食の安全・安心へのこだわり >エキストラバージンオリーブオイルができるまで

エキストラバージンオリーブオイルができるまで 通販ショップ沖縄ま〜さん市場

このページでは、沖縄ま〜さん市場で販売している、オリーブの扉 エキストラバージンオリーブオイルができるまでの工程をご紹介します。

オリーブの実の収穫からエキストラバージンオリーブオイルができるまでは、主に下記の工程が存在します。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程

収穫 → 冷凍 → 輸入

スペインで収穫されたオリーブを直ちに-60℃で瞬間冷凍、輸送します。

採れたての状態で瞬間冷凍し、新鮮な状態を維持するこの工法は、特許も取得しています。

解凍

輸送されたオリーブは工房 オリーブの扉にて保管し、オリーブを搾る3日前から解凍を始めます。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 解凍

洗浄

オリーブを洗浄します。

オリーブの表面にはポリフェノールが含まれており、洗いすぎるとこのポリフェノールが流されてしまうため、少量の水で洗浄します。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 洗浄

圧搾(あっさく)

オリーブを圧搾(圧力で搾ること)します。

通常の油の場合は溶剤抽出法(原料を溶かして油を抽出する)にて油を抽出しますが、熱を加えてしまうことで多くの栄養が失われてしまいます。

それと比べ圧搾法の場合、熱を一切加えないため、オリーブ本来の栄養素をそのまま抽出することができます。

また、科学的な処理を一切行わないため、間違いなく安全・安心なエキストラバージンオリーブオイルができあがります。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 圧搾機に投入 エキストラバージンオリーブオイル製造工程 圧搾 エキストラバージンオリーブオイル製造工程 圧搾2

抽出

オリーブを圧搾 → 温度を計る を繰り返し、温度が27℃付近になったら、抽出を行います。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 温度を計る

圧搾法はオリーブからの抽出量が減ってしまうため、30kgのオリーブから、6kg程度しか抽出できません。

そのため、エキストラバージンオリーブオイルは貴重なオイルと言われています。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 抽出

残りのオリーブ粕は、豚の飼料として再利用されます。

オリーブ粕

ろ過

抽出後は不純物が存在するため、ろ過を行います。

※科学的な処理を行なっていないため、抽出後はすぐに食せる状態ですが、見た目が良くないため不純物を取り除きます。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 抽出後 エキストラバージンオリーブオイル製造工程 ろ過

できあがり

1日かけてろ過を行えば、エキストラバージンオリーブオイルのできあがりとなります。

その高い透明度は、大きな瓶に詰めても背景が透過して見える程です。

エキストラバージンオリーブオイル製造工程 できあがり

たくさんの手間をかけた、最高品質のエキストラバージンオリーブオイル、ぜひ一度ご賞味下さい。

エキストラバージンオリーブオイルの商品一覧を見る

エキストラバージンオリーブオイルについて詳しく知りたい方はこちら

ページトップへ